うさぎってこんなに可愛いの?とビックリする毎日の記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なっちゃんの耳は黒いんです・・・
うさ1





でも、白い毛が目立つことに気が付きました。
うさ2
光の加減ではなく、本当に白い毛です。









顔や手足は、黒いままです。
うさ3






うさ4








無理矢理ではないのですが(?)、ぬいぐるみのように
されるがままのなっちゃん。
うさ5









お母さんが勝手だから、苦労してるんです・・・
うさ6

え!!そんな。。。。

先日、子供の野球の試合があって、ある小学校へ行ったのですが
飼育小屋にはウサギがいました。

昔、私が小学生だったころは「パンダうさぎ」と呼ばれていた
ダッチが主流だったのですが、今はペットショップで
売れ残った子も来るそうで、わりと毛並みのよい子たちでした。

ただ、「飼育」というにはあまりにも・・・・・な環境で、
子供達も愛情を込めてお世話していると思いますが
やはり限界があると思います。

土日はご飯がないのか、そばに行くと鼻をツンツンして
寄って来る子、座った場所から微動だにしない子、
見ていられなくなりました。

決して、子供達や学校を批判するのではありません。
こういう現実は、他にも数え切れないくらいあるだろうし
ウサギに限ったことでもないと思います。

うちの子供の学校でも、強風で簡素なウサギ小屋が飛ばされ、
ウサギが骨折してしまい、めぐり巡って私も話を聞いて
以前ウサギを飼っていたという方から、ケージを譲って
頂いて、その子の為に使ってもらう事になりました。

譲ってくださった方は、直接面識もなく、連絡網だけで
連絡したにもかかわらず、快諾して下さり、学校まで
ケージを届けてくださいました。

でも夏休みが明けると、ウサギが1羽、いなくなって
いたそうです。
脱走なのか、そうでないのかは分かりません。

自分達の生活の背中合わせに、過酷な環境で生活している子たちが
いることを、うちの子供達には教えていきたいです。







にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://usagix03161215.blog136.fc2.com/tb.php/55-6bdb544f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。